浮気調査を探偵に依頼する時のポイント


浮気調査で必要とされるものとは、どこに出しても通用する「浮気の証拠」です。身の回りで収集することのできる状況証拠も有効ですが、やはり浮気の現場そのものを画像や映像で撮った浮気の証拠は、相手の言い逃れを許しません。また、明確な浮気の証拠を取得しておくことで、パートナーだけでなく、浮気相手への慰謝料の請求もしやすくなります。
パートナーも浮気相手も、しっかりと判別できる明確な証拠の取得。これが探偵に求められる浮気調査の結果です。

この明確な証拠の取得。どこの探偵でも浮気調査を依頼すれば当たり前のように、結果として出てくるものではありません。探偵によっては、顔の判別の難しいようなものを証拠として出してくるところもあるようです。
また、調査報告を電話だけで済ませてしまう、そんな探偵も中にはいるようです。報告書の作成は依頼する探偵によっては、オプション扱いになっているところもあり、契約の際には報告書の扱いについての確認も必要です。

浮気調査の報告書は、離婚や慰謝料請求の際に力を発揮するものです。せっかく調査をしたのに使いものにならない報告書を出されてしまっては、せっかく依頼したのに意味のないものになることもあります。

このサイトでは、失敗の許されない浮気調査を間違いのない探偵に依頼するためのポイントを紹介していきます。

「探偵なら、猫も杓子も浮気調査を扱っている」ことを知っておいてください。
浮気調査は探偵に持ち込まれる案件の中で一番数が多く、「開業するのなら、まず浮気調査から取扱いを始める。」そんなところもあるようです。探偵はあまり知られていないのかもしれませんが、毎年相当数の新規届出(いわゆる、新規開業)がある業界です。
しかし廃業数も相当数あり、生き残る為には探偵として必要な事をしっかり備えていなければなりません。浮気調査は基本となる調査であるがゆえに、一番探偵の力の違いの出やすい調査といえます。
 






Copyright (C) 浮気調査を探偵に依頼する時のポイント